page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
手術当日(入院2日目)

 気がついたら、手術が終わっていた。

意識はもうろうとして、話したくても話せないし、眠いのに眠れないし、30分~1時間ごとに看護婦さんには話しかけられるし、先生も来るし・・・

いっぱい管だらけだったし・・・汗

点滴、患足には血を抜くトレーンと常に自動でアイシングしてくれる機械、反対の足には、血がたまらないように、マッサージ機、酸素マスク・・・う、動けないって感じ。。。

 

夕飯も全然食べられなかったし、夕飯まで時間があるから腸が動き始めたら、途中で何か食べていいよって言われたけど、全然食欲なくて。。(私らしくない・・・笑)

おまけに、夕飯食べたくなかったけど、ベット起こされて、スープを飲んだら、急に気持ち悪くなってきて、血の気が引いて、貧血みたいになって、マジで死ぬかと思った。あわてて、ベットを下げて気を失うかのように、眠った。

眠ったら、少しよくなった。

朝方まで、うつらうつらな状態で、全然眠れなかった。

しんどかったわ~

 

スポンサーサイト
page top
手術当日(入院2日目)

昨晩は、また股関節やおしりなどが痛くて、眠れなかったので、マッサージのコロコロをしながら眠りについた。

朝6時起床。

個室は夜10時に眠れとも朝6時に起きろとも言われないんだ~静かでいいな~

テレビカードなくてもテレビ見放題だし、イアホン使わなくていいし・・・

そわそわしながら、朝食を食べ、準備をした。

二回目だからか、連日の睡眠不足のせいか、常にボーっとしていた。

九時ちょっと前に、手術室へ向かう。

前回と同じく歩いていった。

手術の看護婦さんに受け渡され、名前と手術する部位を言わされ、足を洗ってもらい、手術室へ

心電図や血圧、点滴・・・酸素マスクをされ・・・・

だんだん意識がなくなっていく・・・・

 

つづく~

page top
手術当日 入院2日目②

 手術室に入る。

病室の看護婦さんから、手術室担当の看護婦さんへバトンタッチ。

患者さんが、不安でパニックを起こさないようになのか、子供にでも分かるように、とても丁寧に、いつもより多めにひとつひとつ説明してくれる。

名前と部位を答えさせられる。

シャンプーハットをかぶる。

歩いて手術用ベットまで行く。

ベットに横になる。(普通のベットより幅がせまく落ちそうだw)

そこからは、ベット移動だった。

左足をシンクのようなところへニョキっと出し、左足をブラシで洗ってもらった。

そのまま実際手術をする手術室へ連れていかれる。

心電図や血圧(2~3分に一回ずつ勝手に計られる)などペタペタつけられ、点滴はそのままやり続ける。

なすがまま・・・ホントに流れるような作業の中、私は素直にしたがっているだけだ。

横向きになり、背中を消毒される。

まず、痛み止めの注射。

その後、麻酔を何回かブスブスっと刺された感じがした。(やられるがままだったので、よく分からないが・・・汗)

何とも言えない感覚・・・。

冷たいアイスパックをまず、麻酔の効いていない、胸の辺りに当てられ、「このくらい冷たいものを当てますよ~」と冷たさ確認してから、足の辺りや腰の辺りを何回か試され、だんだん冷たいという感覚がなくなり、下半身の感覚がなくなる。

ビリビリビリビリ・・・・・

思ったより早く、下半身の感覚がなくなった気がする。

主治医 「予定より、手術時間が長くなるかもしれないから、尿管刺しといて~」

看護婦さんたちが、予定になかったことだったので、ざわざわざわ~

私は(えっーーーー!!!聞いてないよ~!!!)

と思いながら、感覚も全然ないので、なすがままに・・・やられました(笑)

気持ち悪かったり、頭痛かったりはなく、「どこか辛いことありますか~?」って

結構マメに聞いてくれたので、関係ないとは思ったが、不快な点が、点滴だったもので・・・「点滴が痛いです・・・」「ああ~手首ですもんね~」の繰り返しだった。

次に、寒くもないのに、歯がガタガタガタガタと震えが止まらなくなってきた。麻酔の先生に伝えると「麻酔の関係でなるのよ~」と言いながら、酸素マスクをかけられた。。。(心電図のモニターでまず、病人っぽいと思い、酸素マスクでますます病人っぽいとのんきに考えていました・・・w)

しばらくして、尾てい骨の辺りと足が痛くて、姿勢が耐えられなくなったので、点滴で眠らせてもらった。

(だから、麻酔の処置しか記憶がないんです。こだわっていた執刀医の先生の登場も退場も見ることなく、目が覚めたら、手術は終わっていた。)

・・・眠い・・・目をつぶっておきたい・・・

と体が言っているにもかかわらず、脳の方は、今の現状を把握したいがために、必死になって、目を開けて、どうだったのか、看護婦さんや先生に話しかけたりして、無理やり目を覚まそうとしてました。

でも、ほっとくと・・・ウトウト・・・

気持ちが悪いとか頭が痛いとか息苦しいとかいった症状は、最後までなかったです。

手術の結果は・・・・

「ガングリオンは無事に全部とれたとのこと」

(見せてもらいました。半月板のように、持って帰れたら、ブログにのせようと思っていたのですが、いちおう、病理に出すということで、もらえませんでした。直径2?くらいの白い・・・中は黄色い感じの物体でした!)

内視鏡検査の結果は・・・

「半月板を縫合したとのこと」

(まだ、前十字靭帯が切れているので、くっつけただけだ。処置しても靭帯が切れているので、とりあえずの処置みたいだ。くっつけばいいなとの思いもこめて処置してくれたようだ。軟骨は大丈夫だったようだ。)

(やっぱり、半月板いかれてたんだな~とへこんだ瞬間でもありました。。。)

 

そのまま、ベットで病室まで戻され、酸素マスク、点滴はそのままで安静にしてました。

手術室から、出ると、母親が心配そうに見ていたので、とりあえず持ち前のサービス精神でピースマークを出しときました!

(今、当時の写真を見ると、顔色がめっちゃ真っ白だったので、(ご飯を食べてないからか?!w)病気だったのかなとも思いました。)

下半身はしびれっぱなし。

時間がたつにつれて、ひざの近くからだんだんと麻酔がきれてきました。お腹の辺りが最初にきれはじめ、足先はずっとしびれてる感じでした。30分ごとだったかな・・・?一時間ごとだったかな?そんくらいずつ看護婦さんが、熱はかったり、足のしびれ具合や足先が動くかとかの確認をしてくれました。

驚くことに、時間が経過するごとに、麻酔がきれてきました。

痛くて、寝返りうてなくて、酸素マスクは19:30まで、点滴は22:00までしてました。

遅い夕飯を食べました。

点滴も痛いし、自分で食べるのが困難だったし、食欲もなくて、少し食べて横になりました。

ご飯食べて、痛み止めを飲みました。

母親曰く、夕飯食べてやっと顔色がよくなってきたそうです。

頭をなるべく動かさず、22:00には寝てたと思います。

(頭を動かしたりすると、1~2日頭痛がすごいと聞いていて、足も痛いのに、頭痛は絶対嫌だったので、じーっとしてました。)

夜、熱が37.3度微熱が出てたので、朝まで水枕をして寝ました。

(私てきには熱がある感じはなかったのですが、看護婦さんが水枕をしたいと言うので、して寝ました。気持ちよかったと思ったので、今考えると、やっぱり、熱があったのですね)

 

 

page top
手術当日 入院2日目①

 手術当日!!

 6時過ぎに起床。電気とカーテンをガッツリ開けられ、まぶしい。

朝が来てしまった!

朝食も食べれず、水も飲めず、緊張のせいか、いつもより平気だ。

昨日もらっていた手術着に着替え、手術着の上に、羽織るものも着て、準備OK!

8:30 点滴開始(※この点滴がなによりも私を苦しめた・・・w)

血管が出ていないムチムチの腕なもんで、なかなか刺せる所がなんと手首!!しかも、利き手の右手!!ちょっとでも、手首を動かすとグサッと刺さるのでイタイタイ・・・。

何も食べれず、何も飲めず、点滴痛いし・・・でも、点滴のおかげで、倒れそうなくらいお腹空くことはなかった。

コピー ~ DSCF1548 ※これが問題の点滴さん。手首って、意外に動かしてるんだな~ってすごく分かる日でした (涙)

 手術開始時間は、3番目ということもあって、午後になってしまった。

13:30~14:30になりそうって聞いていたので、ゆっくりしていたら、「12:50開始です!!」っていきなり言われ、あわててトイレに行き、準備した。

手術の開始時間というのは、前の人の手術時間の終わりで、前後するらしく、予定が直前まで未定なのが、ドキドキします。。。

まあー初めてだから、時間が読めないのが、余計にそう思わせたのかもしれない。

 

5分前に、病室から、手首の点滴を気にしながら、ブカブカの手術着を気にしながら、歩いて手術室へ・・・。

© 膝☆クラッシュ~前十字靭帯 入院日記~. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。